English/Japanese

第6回サイバーセキュリティ国際シンポジウム
『信頼できるグローバル・サプライチェーンへ向けた企業意思決定 』





当日のご案内:
 【受付開始時間】8:30(3月29・30日両日共に) ※当日登録受付も設置しております
 【お持ち頂くもの】名刺 2 枚 (ネームカードケースに挿入用1枚、受付用1枚)をご持参ください。
 【総合受付】西校舎 1Fホール前
  https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html (キャンパスマップ #11)
  ※午後はパラレルセッションとなっておりますが、受付は総合受付へお立ち寄り下さい。


=開催概要=
日時

2018年3月29日(木)・30日(金)/ 前日イベント(ご招待のみ):3月28日(水)

前日イベント(ご招待のみ):3月28日(水)13:00 - 17:00
 企業経営者(CISO、企業意思決定者、技術者向け)机上演習
 ~グローバル・サプライチェーンのサイバーリスク向け机上演習:国籍企業とサプライヤーへのインパクト: Bud Roth, Pamela Passman, TBD

1日目:2018年3月29日(木) 9:00 - 17:30
            ※レセプション 18:00~19:30

2日目:2018年3月30日(金)9:00 - 17:30

会場
慶應義塾大学三田キャンパス
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

レセプション会場(3月29日18:00~)
中國飯店 三田 ※慶應義塾大学 東門向い側
http://www.chuugokuhanten.com/store/mita.html
東京都港区芝 5-13-18 いちご三田ビル(旧:MTCビル)

主催
慶應義塾サイバーセキュリティ研究センター & Sasakawa USA

後援政府機関
US Embassy   British Gov   National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity   MEXT   National Police Agency   Personal Information Protection Commission   Ministry of Internal Affairs and Communications    METI   Ministry of Foreign Affairs 

後援組織
adobe    cisco   Hitachi, Ltd   Japan Business Federation   JIPDEC  CREATe

 
後援大学
George Mason University   Northeastern University   Stanford   University of Delaware UMBC   Royal Holloway   INSTITUTE of INFORMATION SECURITY   Kyushu University   Tokyo Denki University   Waseda University   Tel Aviv University   Cyber Ben-Gurionn Univ   Technion   Univ of Indonesia  

概要
第6回目となる本シンポジウムでは、企業経営幹部向けの教育と演習に焦点を当てグローバル・サプライチェーンにおけるサイバーセキュリティのリスク管理、世界先端イノベーションや政策、またInterNational Cyber Security Center of Excellence (INCS-CoE) の研究課題ついて議論を交わす。

29日、30日の午前全体会議では、国際間協力の発表や机上演習結果発表ほか、米国、英国、日本、イスラエル、インドの政府・企業・大学各界のトップリーダーをお呼びして議論を行う。両日午後のパラレルセッションではさらに、世界有数の業界ベストプラクティス、国際的業界団体の取り組み、INCS-CoEメンバーやパートナーからより掘り下げた研究課題などを議論する。

参加費
無料(3月29日(木)のレセプション含む)


=プログラム=
1日目:2018年3月29日(木) 9:00 - 19:30


~全体会議 9:00 - 12:45 西校舎 1F ホール~(同時通訳付き)

09:00 - 09:05 共催者によるオープニング
    - 手塚 悟(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)
    - バッド・ロス(笹川平和財団米国)

09:05 - 09:15 慶應義塾からのご挨拶
    - 村井 純(環境情報学部教授、政策・メディア研究科委員長)
    - 長谷山 彰(慶應義塾長)
    - 國領 二郎 (慶應義塾常任理事(国際・情報基盤・SFC・ニューヨーク学院担当)総合政策学部 教授)

09:15 - 09:30 各国からのご挨拶
    - 日本国政府
    - 駐日英国大使館 - Paul Madden CMG (British Ambassador to Japan)
    - 駐日イスラエル大使館 - Yaffa Ben-Ari (Ambassador of Israel to Japan)

09:30 - 09:50 MOU 調印式 #1

09:50 - 09:55 駐日インドネシア大使館からのご挨拶
    - Arifin Tasrif (Ambassador Extraordinary & Plenipotentiary, Embassy of Indonesia in Tokyo, Japan)

09:55 - 10:00 MOU 調印式 #2

10:00 - 10:10 休憩

10:10 - 10:30 基調講演
    - 中西 宏明(株式会社日立製作所取締役会長 代表執行役)

10:30 - 10:45
    米国特別講演
    - イアン・ステフ(米国商務副次官補、製造業担当)

10:45 - 11:30 日本国政府講演
    - 三角 育生(内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター副センター長)
    - 谷脇 康彦(総務省政策統括官)
    - 伊東 寛(経済産業省 大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官)

11:30 - 12:30 各国講演
    - 米国 FBI - ステイシー・スティーブンス(重要ミッション・ユニット・チーフ)
    - 英国ベストプラクティス -キース・メイス
       (ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校、情報セキュリティ・ディレクター兼数理情報セキュリティ学部長)
    - インドネシア ルディ・ルマント(ID-SIRTII/CC会長)
    - ドイツ ハンツ・ウィルヘルム・デュン(ドイツ・サイバーセキュリティ評議会e.V事務局長)

12:30 - 12:45 INCS-CoE 現状
    - 手塚 悟(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)

12:45 - 14:30 休憩

~14:30 - 17:30 パラレルセッション (以下4会場)~
詳細は各講演名をクリックして下さい
西校舎 1F ホール
※同時通訳付き
北館1F ホール 北館 3F 大会議室 東館6F G-Sec Lab.
14:30 - 15:50 D1-T1-S1
『日本のサイバーセキュリティの多様な強化策
―ユニークで革新的な米国企業のアプローチ-』
D1-T2-S1
『コアビジネス戦略としてのセキュリティ』
D1-T3-S1
『何がおかしい?日本のサイバーセキュリティ対策』
D1-T4-S1
『INCS-CoE WG1/
OTを含めたIoTの国際連携』
15:50 - 16:10 休憩
16:10 - 17:30 D1-T1-S2
駐日英国大使館
国際通商部
『英国のサイバーセキュリティ政策と産業』
D1-T2-S2
『Society 5.0 時代のValue Creation Processの サイバーセキュリティ』
D1-T3-S2
『最新のサイバー政策をめぐる日米協力のあり方について』


D1-T4-S2
『INCS-CoE WG2/
情報共有と情報交換』


~18:00 - 19:30 レセプション(会場詳細後日)~



 
2日目:2018年3月30日(金) 9:00 - 17:30


~全体会議 9:00 - 12:50 西校舎 1F ホール~(同時通訳付き)

09:00 - 09:05 二日目共催者によるオープニング
    - 手塚 悟(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)
    - バッド・ロス(笹川平和財団米国)

09:05 - 09:10 慶應義塾からのご挨拶
    - 村井 純(環境情報学部教授、政策・メディア研究科委員長)

09:10 - 09:25 日本国政府講演
    - 大鷹 正人(外務省審議官 サイバー担当大使)

09:25 - 09:30 基調講演
    - 米国商工会議所(ビデオ・メッセージ)

09:30 - 10:20 パネル『前日イベント「CISO 向け机上演習」からの学び』
    - バッド・ロス(笹川平和財団米国)
    - パメラ・パスマン(CREATe)
    - Minoru Hanamura (Microsoft)
    - 横浜 信一,(NTT)
    - Michael Smith (Akamai)
    - Brian Graf (Sasakawa USA)

10:20 - 10:35 休憩

10:35 - 11:35 学術界スピーチ
    - ジョン・ミッチェル(スタンフォード大学副学長)
    - リントン・ウェルズ(ジョージ・メイソン大学、エクゼクティブ・アドバイザー)
    - ニイイ・アトー・オカイ(デラウェア大学)
    - カラムラー・ラムリ(インドネシア国立大学教授)

11:35 - 12:05 業界スピーチ
    - ドミニック・スコット(シスコ副社長)
    - スティーブ・ゴトワルズ(アドビ・公共分野セキュリティソリューション技術ディレクター)

12:05 - 12:15 MOU 調印式 #3

12:15 - 12:35 基調講演
   - イツァック・ベン・イスラエル(テルアビブ大学)

12:35 - 12:55 基調講演
   - デイビッド・ファーバー(カーネギーメロン大学、ペンシルバニア大学)

12:55 - 14:30 休憩

~14:30 - 17:30 パラレルセッション (以下4会場)~
詳細は各講演名をクリックして下さい
西校舎 1F ホール
※同時通訳付き
北館1F ホール 北館 3F 大会議室 東館6F G-Sec Lab.
14:30 - 15:50 D2-T1-S1
『駐日イスラエル大使館』
D2-T2-S1
『データ中心型セキュリティのアプローチ』
D2-T3-S1
『中部地域におけるサイバーセキュリティ演習の
取り組み』
D2-T4-S1
『INCS-CoE WG3/
国際間の教育と交流』
15:50 - 16:10 休憩
16:10 - 17:30 D2-T1-S2
『Intelligent Supply Chain Risk Management』
D2-T2-S2
『安全なサイバー空間形成に向けて:デジタル・ジュネーブ条約』
D2-T3-S2
『トラスト技術の
構築に向けた議論』
D2-T4-S2
『CMU CISO 向け
トレーニング』



*プログラム内容は、やむを得ず変更する場合がございます





~お問い合わせ~
サイバーセキュリティ国際シンポジウム事務局
株式会社イーサイド内
Tel: 03-6435-8789
Mail: cybersec-lab-inq@kmd.keio.ac.jp